ビジネススタートキット!!オンラインでビジネスを始める際の3ステップを解説!!

yuji
実際にビジネスを始めるときに、まず初めに何をやれば良いのか?を3ステップでわかりやすく解説していますので詳しくは画像をクリックして、checkしてくださいね!

有価証券って何?主な有価証券についてわかりやすく解説!



スポンサーリンク

こんにちは、yujiです。

突然ですが、有価証券ってなんだかわかりますか?

パッと浮かんでくるのはやっぱり株とか債券でしょうか?

実は、有価証券って結構幅広いものなんですけど意外に知られていないんですよね。

なので今回は、有価証券について書いていこうと思います。

有価証券とは?

まずはじめに有価証券とはなんぞやというとこからいきましょう。

株式・債権等による資産運用のイメージが強いんですけど、有価証券はもっと幅広いものなんです。

株券・債券・手形・小切手・商品券など、要は、所持している人の財産権を証明するものです。

価値のある紙ともいえますね。

金融商品取引法では、有価証券が3つに分類されています。

・貨幣証券 手形・小切手などのお金の支払いを請求することができるもの

・物財証券 運送証券、倉荷証券など、物に対する請求ができるもの

・資本証券 株式、社債券など、資本提供者の権利に対する請求ができるもの

主な有価証券とは

有価証券って言っても、いろいろとありますが一般的には資本証券を指していると考えてOKです。

主な有価証券は、やはり株。そして債券ですね。

ちなみに債券で言うと、こちらの3種類となります。

  • 国債
  • 地方債
  • 社債

それぞれ発行している組織が違うだけで、 仕組みはどれも同じで、いわゆる借金です。

yuji
簡単に言うと借用書みたいなもんやな!

国債は文字通り国が発行しています。

日本国債だと日本、米国債だとアメリカですね。

地方債は、都道府県とか市町村とかの地方公共団体が発行する債券です。

そして社債は、企業が必要とする資金を調達するために発行する債券のことです。

会社が資金を調達するために、株式の発行、金融機関の借り入れ、そして社債の発行、主にこれらの方法で資金調達します。

債権というのは、元本・利子が保証されていますが、あくまで組織が存続している場合ですね。

発行している組織が破綻してしまうと回収できなくなるというリスクもあります。

当たり前ですが、信頼度によってリスクも変わります。

上記の3種類でみると、単純に国が一番破綻の可能性が低いですよね。

国→地方→会社という構図は、誰でも簡単に思い付きます。

ですが、リスクに比例するように金利も高くなるので、資産運用の際はよく見極める必要があります。

長期間になればなるほど、リスクも高くなりますよね。

こちらに関連記事も書いていますのでもし良かったら読んでみてください。

今さら聞けない『株式会社』とは??簡単にわかりやすく解説!!

2019.03.20

国債の仕組みについて知っておこう!わかりやすく解説!

2017.01.25

いずれは投資、今はビジネス

僕は自分でビジネスをしていますが、やはりゆくゆくは投資の世界を視野に入れるべきです。

と言うのも、投資(資産運用)はお金がお金を生んでくれ、さらに自分に自由をもたらすからです。

まず、ビジネス(自分で起業)である程度の資金を調達して、それからリスクを極限まで落としてから投資を始めるべきです。

yuji
例えば米国債の場合やとこんな感じ↓

1億円を年利3%で運用すれば、年間で300万ですよね?

年間300万ですので、月に換算すると25万円です。

20代〜30代会社員の平均月収はおよそ25万円なので、つまり、1億円という元手があれば極めて低いリスクで寝てても遊んでても会社員の平均月収並の収入が約束されるという事です。

ここで気になるのは、「1億なんてお金どうやって貯めるんだ!」という事ですが、ここまではビジネスで稼ぐのが正直1番の近道なんですよ。

僕はまだ1億円には届いていませんが、いずれは2億円を貯めて国債に入れる予定です。

ここまでの話からわかる通り、最終的には投資の世界に入るべきです。

なのですが、それはあくまでビジネスである程度の結果が出てからの話になります。

まずはオススメしたいのが、やはり自分のビジネスを持つ事です。

しかも、会社員でも働きながらできる、インターネットを使ったビジネスに絞りましょう。

なぜなら、運営にかかるコストも低く、低資金、低リスクで始められるからです。

そして、投資よりもはるかに稼ぎやすくお金がかかりません。

もう一度言いますが、ゆくゆくは投資を目指し、元手が貯まるまでは自分でビジネスを始める事をおすすめします。

これが鉄板ルートです。

特に今の時代はインターネットがあります。

インターネットを使ったビジネスは、レバレッジが最大限にかかりますし、時間が増えるし、なによりやりがいもあります。

僕もそうでしたが、忙しいサラリーマンの方こそビジネスを始めた方がいいです。

お金と時間も増えますし、精神的にも肉体的にもかなり楽になります。

こんな感じで、今回は有価証券について書いてみました。

それではまた^^



スポンサーリンク

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
今って本当に、誰でもすぐにビジネスを始められる時代です。

ブログでも、SNSでも、やろうと思ったその日にできます。

でも「実際に何をやっていいかわからない」という戸惑いもあると思うので、簡単に3ステップにして解説しました。

これを実践するだけで、

ビジネスのイメージもつきますし、実際に『収益を得る』ということを体験できますので、

ぜひ見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県在住、30代サラリーマン。 本業のかたわら、インターネットを使ってビジネスを始める。 会社に頼ることなく暮らしていくような生き方を推奨。そして、 『- 自分の力で生きていく -』をモットーに活動中。