YouTubeでも発信中!!ブログで書ききれないこと

【HERMES文字盤ツアー】AppleWatch7『エルメスモデル』の文字盤を一緒に見ていくコーナー

こんにちは、yujiです。

先日、Apple Watch7のHERMESモデルが我が家に到着しました。

その時、実際に付けてみて思ったことや感じたこと、少しの間気持ちの整理が必要なことなどいろいろ語ってるので、もしよければそちらの動画も一度みて見てください。

 

今回は、HERMESモデルの文字盤を一緒に見ていきたいと思います。

  • HERMESモデルの文字盤はどんなのがあるの?
  • HERMESモデルを買おうか検討している 

そんな方の参考になれば幸いです。

それでは早速いきましょう!!

前提共有

まず、HERMESモデルは通常のモデルと違って、HERMESモデル限定の文字盤とカラーがあります。

HERMESモデル限定の文字盤は、文字通りHERMESモデルにしかない文字盤です。

HERMESモデル限定カラーは、文字盤は通常モデルにもあるけど、カラーがHERMESモデル限定になります。

yuji
NIKEモデルも同じ考え方でOKやで

 

ですが、HERMESカラーはもともとのオレンジ色と何が違うのかわからなかったので、ここでは割愛しますね。

 

HERMESモデル限定文字盤

HERMESモデル限定文字盤は全部で4つあります。

限定文字盤
  1. Hermes サーキットH
  2. Hermes Circulaire
  3. Hermes (黒)
  4. Hermes
yuji
ひとつずつ見ていくで〜

 

1、Hermes サーキットH

Hermes サーキットHはseries7から新しく追加された文字盤になります。

カラーが5色から選べて、スタイルが2パターンから選べます。

斜めの方が少し可愛い感じがするので、僕は斜めの方を使っています。

 

2、Hermes Circulaire(サーキュラー)

Hermes Circulaireは、時計の機能とHERMESのデザインを持ちながら、Apple Watch本来の機能である時計での操作(コンプリケーション)が可能になっています。

ベースの文字盤カラーとしては、

  • インディゴ

の3色から選べます。

 

その他のカラーは、黒文字盤をベースに秒針、短針、長針の色だけ変わるようになっています。

そしてコンプリケーションは、

  • 左上
  • 右上
  • 左下
  • 右下

合計5つのアクションを割り当てられるようになっています。

yuji
HERMESのデザインも活かしたいけど、機能性も重視したいって方にはおすすめやで!僕の場合は、メインの文字盤からひとつスライドして使うように設定してるで

 

Hermes (黒)

Hermes (黒)は、背景が黒で設定されて、グラデーションの分割が3パターンから選べるようになっています。

中央の下部分にコンプリケーションがあり、

  • 今日の日付
  • ストップウォッチ
  • 世界時計

の3つから選べます。(オフにもできます)

yuji
シンプルで大人な雰囲気があるから、フォーマルな場所にはかなり合うと思うで

 

Hermes

Hermesは、文字盤の中でも1番組み合わせが豊富なタイプになります。

カラーだけでも全部で22色あります。笑

 

その他にも『タイプフェイス』が、

  • キャリック
  • クリッパー
  • ケープコッド
  • エスケープ

の4種類から選べます。

yuji
文字盤の数字が変わるで

更に、ダイヤル設定が3つのパターンから選べるので、これを全部組み合わせたら何通りのパターンができるのか考えただけでもしんどくなります。笑

かなり遊び心が豊富な文字盤になりますね。

 

僕の文字盤メンバー

最後に僕の文字盤メンバーを紹介しておきます。

文字盤スタメン
  1. Hermes サーキットH
  2. Hermes Circulaire
  3. Hermes (黒)
  4. Hermes
  5. 輪郭
  6. アクティビティ(アナログ)
  7. ミッキーマウス
  8. ミニーマウス

上4つは先ほど紹介したので、下4つだけ載せておきますね。

輪郭はApple Watch7から新しく追加されました。個人的にはかなり好きなのでスタメン入りです。

アクティビティは、運動する時や健康状態をチェックする時に使っています。

最後のミッキーマウスとミニーマウスは、完全に子ども用です。文字盤をタップすると喋ってくれるので、近所の子どもの懐に入る時にめちゃくちゃ重宝します。笑

 

まとめ:ほとんど自己満の世界

Apple Watchの最大の特徴は、

  • ToDoリストを確認したり
  • SNSとか通知をチェックしたり
  • 音楽を聞いたり
  • SuicaやWalletアプリで決済したり

色々な動作をApple Watchだけで完結できることです。

 

ですが、その他にも自動巻きの普通の時計にはないような、文字盤を自由に変えられるのも最大の魅力のひとつでもあります。

通常モデルでも42個(おそらく)、エルメスモデルやNIKEモデルなら更に増えてきます。

yuji
  • スポーツする時はアクティビティな文字盤
  • フォーマルな時はシンプルな文字盤
  • カジュアルな時は可愛らしい文字盤

こんな感じで、その時のシーンに合わせて文字盤を変えられるし、文字盤を変えたら気分もめっちゃ変わるで

 

ただ、通常モデルとHERMESモデルは機能面の違いがありません。つまり、HERMES限定の文字盤を使えるだけになります。

それでいて、通常モデルとの価格差は7〜8万円ぐらいです。

yuji
この価格差は自己満以外の何ものでもないで。笑

 

ただ、気持ちはかなり高まります。笑

今回の文字盤ツアーが、今HERMESモデルを検討してる方の参考になれば幸いです。

ということで今回はこの辺で!!

それではまた^^

 

スポンサーリンク

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
今って本当に、誰でもすぐにビジネスを始められる時代です。

ブログでも、SNSでも、やろうと思ったその日にできます。

でも「実際に何をやっていいかわからない」という戸惑いもあると思うので、簡単に3ステップにして解説しました。

これを実践するだけで、

ビジネスのイメージもつきますし、実際に『収益を得る』ということを体験できますので、

ぜひ見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SNSでシェア