ビジネススタートキット!!オンラインでビジネスを始める際の3ステップを解説!!

yuji
実際にビジネスを始めるときに、まず初めに何をやれば良いのか?を3ステップでわかりやすく解説していますので詳しくは画像をクリックして、checkしてくださいね!

ビジネスマンが覚えておくべき利益の種類・違いを知ろう!



スポンサーリンク

利益と一言にいっても様々な種類があります。

ビジネスをしていく上で、この利益の種類と違いを理解しておくことは必須事項となります。

ちゃんと理解できていないのであれば、しっかり確認しておきましょう。

では早速、各利益について解説したいと思います。

 

粗利益(売上総利益)

粗利益と売上総利益は、同じことを指しています。ビジネス上では、粗利という言い方がよく使われます。

売上高から、原価(仕入れ額)のみを引いた利益のこと。

原価1,000円の商品を、2,000円で販売すると粗利は1,000円になります。原価だけを引くので、計算は至って簡単です。

《計算式》

粗利(売上総利益)=売上高-原価

営業利益

売上から原価のみを引いた粗利に対し、

営業利益は、売上高から“原価と経費”を引いた利益のことを指します。

※経費=販売費・一般管理費

営業に使われた経費(販売費)

会社運営・管理などに必要な経費(一般管理費)

→広告宣伝費・人件費・材料費・光熱費・賃貸費・通信費など

会社が力を入れている本業となる業務から得た利益です。売り上げが高くても、経費が嵩むと当然利益は減少します。

《計算式》

営業利益=売上高-原価+経費

経常利益

会社が力を入れている本業となる業務から得られた利益のこと。

ですが、会社には本業となる業務以外での収入、逆に支出もあります。

経常利益とは、これらも含めて利益を算出します。

本業以外での収入=営業外収益

→受取利息,受取配当金など

本業以外での支出=営業外費用

→有価証券評価損,有価証券売却損,社債利息,銀行等の借入金の利息など

つまり、先に説明した営業利益と営業外収益を足した金額から、営業外費用を引いたものが経常利益に当たります。

このように、経常利益は会社全体の利益を算出するもので、その会社の業績を見極める指標として重く受け止められます。

経常利益は、会社に対する評価を左右するので、経常利益次第で金融機関や取引先の見る目も変わり、株価も変動します。

計算式》 経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 - 営業外費用

当期純利益

税金を支払う前の利益から、支払う税金額を引いものを指します。

この当期純利益は、会社が最終的にいくら利益をだしたかを算出するものです。

一年間の集大成を表す利益といえますね。

《計算式》 当期純利益 = 税引前利益 − 税金(法人税・住民税など)

 

まとめ

今回は、ビジネスをしていく上で最低限覚えておくべき4つの利益について解説してみました。各利益の違いは、理解できたでしょうか?

今回紹介した4種類の利益は、ビジネスマンにとって必要な知識ですので利益の種類だけでなく、どのような違いがあるかしっかり覚えておきましょう。



スポンサーリンク

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
今って本当に、誰でもすぐにビジネスを始められる時代です。

ブログでも、SNSでも、やろうと思ったその日にできます。

でも「実際に何をやっていいかわからない」という戸惑いもあると思うので、簡単に3ステップにして解説しました。

これを実践するだけで、

ビジネスのイメージもつきますし、実際に『収益を得る』ということを体験できますので、

ぜひ見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください