ビジネススタートキット!!オンラインでビジネスを始める際の3ステップを解説!!

yuji
実際にビジネスを始めるときに、まず初めに何をやれば良いのか?を3ステップでわかりやすく解説していますので詳しくは画像をクリックして、checkしてくださいね!

クラウド会計ソフト「freee」がかなりおすすめ!その便利機能を紹介!



スポンサーリンク

こんにちは、yujiです。

インターネットが普及してから、個人で起業するって結構ハードル下がりましたよね。

税務署行って申請すれば誰でもすぐにビジネスを始めれる時代です。

なんですけど、起業して結構頭を悩まされるのが会計じゃないですか?

僕は会計に関しては全く知識がないので、

yuji
何をどうすれば良いか全然わからんぞーーー

こんな状態でした。笑

第一、自分の仕事でくそ忙しい時に、経理だなんだってやってる時間がありません。

というか、そんな暇あったら自分のビジネスの方に注力したいですよね?

そんな経理に疎い僕でも毎年簡単に確定申告ができているのが会計ソフトのおかげです。

yuji
でも、会計ソフトって言っても色々あるけどどれがいの?

これは圧倒的に、『freee』がオススメです。

僕も最初はめちゃめちゃ悩みましたが、色々な方が勧めていたのもあってfreeeにしました。

結論から言うと、かなり使いやすいです。

なので、サクッとfreeeについて書いていきますね。

 

 クラウド会計ソフト「freee」のおすすめポイント!

まず初めに、利便性が非常に良いです。

綺麗で見やすい画面になっていて、操作がわかりやすいので初心者でも安心。


 収支管理・仕訳がとにかく楽!

登録してあるオンラインバンク・クレジットの取引を自動で読み込み、該当する勘定科目を推測したうえで自動仕分けまでしてくれます。

帳簿を手書きしている場合、仕訳後も各台帳に記載したり何かと作業の続きがありますが、freeeはこの面倒な作業を自動でこなしてくれるので帳簿作成も素早く終わります。

とにかく、圧倒的に手間が省けます。

簿記の知識がない人でも安心

経理業務というと簿記の勉強をしないといけないものですが、freeeを使えば簿記の知識がない人でも仕訳可能です。

勘定科目のところにカーソルを合わすと、取引内容から科目を選択できるようになっています。

知識がなくても仕訳が可能なシステムが用意されているので、誰でも経理業務が楽にスムーズに進められます。

yuji
ほんまに簡単!

レシート撮影・取り込み機能

経費に計上したいレシートの仕訳は、結構手間がかかります。

ですが、freeeを使えばレシート撮影すると日時と金額の情報を取り込めます。撮影すれば、後は勘定科目を選ぶだけ。

外出先でもスマホでさっとカメラで撮るだけです。

この機能により、会計ソフトにその都度手打ちする必要もなくなります。

いつでも、どこでも経理業務ができる

freeeには、スマホで使えるアプリ版が用意されています。

フリックのみで仕訳可能!

  • 自動で取得したデータの仕訳が右フリックのみで完了
  • 業務と関係のない買い物は左フリック

これだけでOKです。

多機能でいろんな作業が可能

正直機能を紹介すると、ここでは紹介しきれないぐらいあるのですが、実際に触ってみてその便利さを肌で感じてもらった方が早いと思います。

とにかく『ラク』です。

メール・チャットの無料サポートあり

チャットサポートに関しては、ログインすれば常時表示されていて対応時間内であれば即座に対応してもらえます。

経理について初心者であったり、freeeを使い始めたばかりなど、当然疑問点がでてくることもありますよね。

そんな場合にも、すぐに対応してもらえてストレスがありません。

yuji
僕もガンガン使ってるで〜

経理に関する知識豊富なスタッフが、親切丁寧な対応でサポートしてくれます。

チャットサポート対応時間 平日10:00-12:00 13:00-18:00

※電話でのサポートは、契約プランによって利用の可否が決まっています

HELPが充実

初心者でも迷わないように多くのHELP項目が用意されています。

初心者が迷わないように単語の説明もわかりやすく紹介されているのでこの辺は安心ですね。

税理士との共有も可能

freee対応の税理士さんが登録してあるので、

  • 確定申告は税理士さんにお願いしたい
  • そもそも普段の操作からぜ全部を税理士さんに丸投げしたい

とかでも対応してくれます。

しかも、各地の税理士さんが登録してあるので、

yuji
家が近い方がええな〜
と思ったら家の近くで探せますし、
yuji
近すぎても近所であったらちょっと気まずいな〜
と言う場合はちょっと離れた税理士さんを探す事もできます。

 freee無料プランで操作性などを確かめよう

冒頭でも言った通り、会計ソフトは複数あります。

まずは、自分に合ってるかどうかを無料プランで確かめると良いですよ。

操作性や機能など、使ってみないとわからないこともあります。

無料プランでは、使える機能が限られてはいますが、操作性などを確かめるには十分でしょう。

freeeを使えばとにかく時短になる

freeeのおすすめポイントは、どの点に関してもとにかく手間が省けるようになっています。

今まで経理業務に費やしてきた長い時間を、ブログを書くなどの、他の業務に時間を費やせるようになるのです。

また、知識がないと費やす時間も倍増しますが、freeeは簿記に関する知識がなく、経理業務初心者であってもスムーズに作業を進められるシステムとなっているので、その点でも高く評価できますね。

yuji
知識があんまりない人が使いやすいって言うのがポイントやな

クラウド型会計ソフト“freee”をオススメする人

  • 起業予定の方
  • クラウド型会計ソフトを使ったことがない方
  • 簿記の知識がない方
  • 経理業務に費やす時間を削減したい方
  • クレジット決済が多い方

freeeは、クラウド型などでソフトのインストールなども必要なく、導入の手間もいらず、様々な端末からアクセスできます。

これは便利ですよね。クラウド型ならではです。

最後に

正直、サービスが多ければ多いほど便利な反面、どれを選べば良いのかわからなくなります。

その為に情報収集するのはもちろん大切ですけど、1番はやっぱり実際に使ってみる事です。

百聞は一見にしかずとはよく言いますが、実際聞いてたのと体験したのとじゃ結果って全然変わってきますよね?

「これはこんな風になるんだ」とか「これは思ってたより良かったな」とか、逆に「これは聞いてたのとちょっと違うぞ」とか。

そして、そんな『お試し』ができるのがオンライン(クラウド型)の良いところです。

良いかどうかはわからないけど、「とりあえず試してみよう!」が気軽にできます。で、良かったら使うし、合わなかったら使わないって選択ができる。

まぁ僕は断然freeeユーザーですけど。

会計ソフトどれにしようかと悩んでる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
今って本当に、誰でもすぐにビジネスを始められる時代です。

ブログでも、SNSでも、やろうと思ったその日にできます。

でも「実際に何をやっていいかわからない」という戸惑いもあると思うので、簡単に3ステップにして解説しました。

これを実践するだけで、

ビジネスのイメージもつきますし、実際に『収益を得る』ということを体験できますので、

ぜひ見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください