YouTubeでも発信中!!ブログで書ききれないこと

【あなたの大切なiPadのお供に】iPadmini6に必須の保護ケースを探そうの旅【タイプ別5選】

こんにちは、yujiです。

今回はついに我が家の仲間入りを果たしたiPad mini6の保護ケースを選んでいきたいと思います。

iPad mini5の時は、僕が思う最強の組み合わせというのがありました。

【iPad miniの利点をフル発動】これぞ最強の組み合わせ!ESR背面カバー&純正スマートカバー【超オススメ】

できれば、mini5の時と同じような組み合わせにしたいのですが、

  • 背面ケースが同じ物がない
  • iPad mini6の純正スマートカバーを全面を保護する

上記の理由から、全く同じ運用はできないんですね・・・

yuji
これはホンマに残念やけど、今後に期待やな

 

なので、mini6に合いそうな保護ケースを勝手にピックアップしてきたので、ここで紹介していきます。

選んだ基準は、

  1. iPad miniを裸のままで使わない
  2. 背面か前面のどちらかを守ってくれる
  3. 比較的、オーソドックスな使い方ができる

上記3点になります。

  • iPad miniをよく持ち運ぶからケースをつけたい
  • 手に持つだけじゃなくてスタンドとしても使いたい
  • 大事な大事なiPad mini6をいつまでも守ってあげたい。笑

こんな方の参考になれば幸いです。

それでは早速いきましょう!!

yuji
動画はこっちから見れるで〜

その前に・・・

今回紹介するケースは全部で5つですが、それぞれ用途が違います。

と言うのも、iPadの使い方は多種多様ですよね?

さまざまなiPadの使い方
  • 持ち運びを重要視する
  • Apple Pencilの使用頻度が高い
  • スタンドにして置いて使う事が多い

人それぞれ違うし、この全ての使い方に最適化された保護ケースというのはそもそもありません。

使い方が違えば使う物も変わります。

yuji
だから、自分の使い方がどの使い方で、その使い方にはどのケースが1番しっくり来るか?を考えて選んでほしいなぁと思うで

 

1、ESR 三つ折りケース 半透明

開けていきましょう

内側
背面が半透明
ケースに装着
三つ折りにしてスタンドにもできる
後ろの銀色部分が少し気になる。笑
もちろんApple Pencilも装備できます
逆さまに振っても落ちません

このケースの特徴

背面が半透明

保護ケースは背面が透けていない物が多いですが、このケースは背面が半透明になっているので、iPad mini6の可愛い色をしっかり周りの人に強調できます。笑

yuji
せっかくカラーバリエーションが豊富でめちゃめちゃ可愛いのに、本体の色が全く見えへんのは寂しいからな

次は、このケースの「ちょっと気になるな」というところを見ていきましょう。

 

背面の『ESR』が強調されすぎ。笑

メーカーあるあるですが、製品にデカデカと社名とかブランド名が入がってる事が多いのですが、この保護ケースも銀色に部分が目立っていて思いっきりESRと表記があります。笑

yuji
僕はESRの製品が好きやからそこまで気にはなれへんけど、気にする人は気にするやろな。笑

 

素材がちょっと安っぽい

表面のカバー素材が黒ツヤで、ちょっと安っぽい印象ですね。

むしろこれが普通ですが、純正のスマートカバーとか他のケースが少しマット素材で高級感があるので、あくまで『他のケースに比べたら』の場合です。

 

総称して

普通に使いやすいケースですね。

  • 背面も守ってくれて
  • 前面も守ってくれて
  • ペンシルもホールドしてくれて
  • 三つ折りにしてスタンドにもなる

いわゆるオーソドックスな、可もなく不可もないケースって感じです。

yuji
「iPad miniを初めて使う」とか、「ケースに特にこだわりがない」って方にhはおすすめやな

 

2、ESR マグネットケース 磁気吸着タイプ

見ていきましょう

ここにiPad miniを載せます
裏面
磁気でくっついています
閉じるとこんな感じ
背面
Apple Pencil第2世代も収納できる
三つ折りもOK
後ろもこんな感じ

このケースの特徴

見た目がかっこいい

まず、見た目は普通にオシャレですね。

ケース全体がマット素材になっていて、安物っぽさがあんまりでていません。それでいてペンシルもホールドしてくれますし、三つ折りにしてスタンドにしても使えます。

 

磁気吸着になっている

ケースを開いてiPad miniを置きますが、ケース自体に枠みたいな物はなく、磁気でiPad miniとケースがくっつきます。

ギモン君
えっ、純粋に疑問なんだけど落ちないの?
yuji
確かに心配ではあるよな。笑)けど、振って試してみたけど、一応普段使いでは落ちなさそうやで(でもちょっと怖い)
一応落ちませんでした

 

上下と側面が剥き出しになる

ケースにはめている訳ではないので、上下と側面が剥き出しになっています。

なので、

  • 手が滑って落としたとか
  • iPad miniに何かこぼしてしまったとか

そんな時は、本体に直接ダメージが行きます。(辛い)

 

ただその一方で、一部が剥き出しになってるからこそ、iPad mini6の色がアクセントになって逆にオシャレ感が増します。

yuji
ケースとしては普通にかっこいいと思ったな

 

総称して

純正のスマートカバーに1番近いケースになっています。

見た目はオシャレだけど、磁気の強さがどれだけ信頼できるかによりますね。

ミスって落ちた・・・なんて事があったらその日は40度の熱が出て他のことは一切何も手につかなくなります。笑

  • 外観的には特に何も強調されていない(印字がない)
  • 上下と側面から見える本体のアクセントが良い
  • ペンシルもホールドできる
  • スタンドにもできる

のは良いですね。

 

その一方で、

  • 磁気の信頼性に不満がある(おそらくぶん回さなければ大丈夫)
  • 使うたびに表面のカバーを開く手間がある

のが嫌な方は、選択肢から外れると思います。

 

3、ESR 取り外し可能なマグネットカバー

見ていきましょう

開いた状態
分離します
iPad miniをはめるとこんな感じ
もちろん三つ折りも可能
すぐに取り外しできる
ペンシルは剥き出し

このケースの特徴

前面と背面のカバーが分離式

このケースの最大の特徴ですね。

前面側と背面側がマグネットでくっついています。

つまり、

  • 背面カバーだけが必要な時は前面を外して
  • 前面カバーも必要な時は取り付けられる

これが一瞬でできます。

ギモン君
カバーを外せることの何が良いの?
yuji
それは後で言うで

 

マグネットがかなり強力

前面と背面をくっつけるマグネットはかなり強力です。普通に使っていて勝手に外れることはまずないと思います。

ただし、それだけ強力が故に、

  • くっつける時の音が大きい
  • 場所が定まらず、ズレる

こんな事があります。笑

そこまで致命傷ではないので別に良いのですが、ちょっと気になりましたね。

 

オートスリープじゃない

さっき紹介した2つのケースは、前面のカバーを閉じるとiPadの電源がスリープになります。(オートスリープ)

ですが、こちらのケースはオートスリープに対応していないので、

  • 前面のカバーを閉めてから
  • 更にロック画面を押さないとスリープ状態にならない

ので、一手間増えるのも少し難点ですね。

 

総称して

仕組みはめちゃくちゃ好きだけど、このケース自体は微妙ですね。

前回のiPad mini5を使ってた時もそうですが、僕がiPad miniに最優先で求めるのは、

  • 持ち運びやすさ
  • 手軽さ

この2つです。

 

なので、

  • iPad miniが重たくなったらそもそもminiじゃない
  • しょっちゅう使うから前面のカバーはない方が良い
  • けど、miniをスタンドとして使いたい
  • そしてmini本体も傷や落下から守ってほしい

と言う悪質的なわがままと変態的なこだわりがあります。笑

 

iPad mini5の時は、アクセサリーの組み合わせでそれが叶いましたが、現状だと同じ物が出ていないんですね・・・

発売されたら追加しておきます。

yuji
僕と同じ変態的なこだわりを持ってる方には全力でおすすめできるで

 

ちなみにこのケースですが、どうしても全体的に覆ってしまうし頑丈で使い勝手が良い分、重たくなってしまいます。

さらに、

  • 背面側がちょっとダサいのと
  • マグネットが強力すぎる

ので、僕としてはちょっと微妙かなといった印象です。

yuji
ESRさん、早くiPad mini6用の背面ケース発売してくださいね。笑

 

4、ESR クリアケース スリム軽量

こちらも、2021年10月時点で在庫切れになっています。

なので、クリアケースで使い勝手の良さそうな物を載せておきますね。

見ていきましょう

内側
裏面
本体をはめるとこんな感じ
しっかり本体が見えてるのがGOOD
ペンシルもくっつきます

このケースの特徴

クリアで背面のみカバーする

色が今までのケースと違って透明なので、本体の色味がモロにわかります。

スペースグレーとかもかっこいいですが、mini6になってからは、

  • ピンク
  • パープル
  • スターライト

とカラバリが豊富なので、せっかくなら本体の色を見せたいですよね?(僕だけですか?笑)

さらに、背面は全体を覆ってくれてるので、傷やへこみなどの対策にもなります。

 

一方で気になるのが

クリアケースなので、指紋が目立ちますね・・・

ただ、本体をはめた状態だとそこまで目立たないのでこれは良しとしましょう。

 

このケース、もちろんApple Pencilがドッキングできるのですが、ペンをくっつけてるだけでホールドしていないので、カバンに入れてる間にペンが外れてしまいます。

yuji
Apple Pencilとかスタイラスペンを多用するって場合はちょっとしんどいかな

 

そして後ひとつ、iPad miniを自立させられません・・・

使い方にもよると思いますが、iPad miniを横に置いて使うって方は結構多いと思います。

僕はスマホ代わりに使う事が多いので、片手で持ってる事がほとんどですが、

  • iPad Proの横にiPad miniを置いたり
  • 画面を誰かに共有したり
  • プライムビデオとかネットフリックス、Youtubeを見たり

する時は、横置きにして使います。

なので、かなり割り切ってiPad miniを使うか、別のスタンドを持ってるならアリかと思います。

 

総称して

  • iPad miniを最軽量で持ちたい
  • 本体の色を見せたい
  • かつボディは守りたい

こんな方は背面ケースは視野に入ってくると思います。

 

逆に、

  • 前面カバーが欲しい
  • ペンシルをよく使う
  • iPad miniを自立させたい

上記のような方は、他のケースの方が良さそうですね。

 

補足

Youtube動画の公開後、視聴者さんに教えて頂いた背面ケースがかなり良さそうなので載せておきますね。

  • 背面を保護してくれて
  • ペンシルホルダーも付き

なので、このケースならペンシルを落とす心配がありません。

yuji
こういうのを教えてもらえるとめっちゃ嬉しいな!!

5、MOFT X タブレットスタンド

見ていきましょう

MOFT
裏面の剥離を剥がします
iPad miniの裏面に貼り付けます
yuji
この時に、カメラの下のフラッシュを塞がないように貼らなあかんで〜!上の写真は思いっきり隠れてるけど。笑
縦置きも可能
安定感あります
しっかりしとる
横置きもOK
縦置きよりはちょっと安定感悪いかな
触って倒れるとかはないですね

このケース(?)の特徴

スタンドとしては最強

届いてから少しの間使いましたが、率直な意見としては、スタンドとしては最強です。

なんせ縦置きにできるのがめちゃくちゃ良い。

iPadと言えば横置きのイメージが強いですが、

  • 電子書籍とか
  • そのほかのアプリでも

縦のレイアウトの方が見やすい時があります。

そんな時にこのMOFTを使えば、手に持たずに手に持ってるように見れるので、「あ〜これめちゃ良いかも」って素直に感じました。

 

不安な点も

一方で、少し不安点もあります。

まず、見てもらったら分かる通り、iPad miniの背面にそのまま貼り付けるので、MOFTが付いていないところはiPad miniが完全ノーガードです。

ありとあらゆる所からの攻撃を受けてしまいます・・・

 

最初の方でも言いましたが、僕にはiPad miniをほぼ全裸の状態で持つには荷が重すぎます。

でもこんなことを言うと、

ギモン君
そもそもiPadは綺麗に持つのが目的じゃなくて、使う事が目的でしょ?
ギモン君
僕もどちらかと言えばそのスタイルやけど、最初の一撃をくらうまではなんとか頑張って綺麗に保ってあげたい・・・

こんな事を思ってしまいます。

なので、ドラクエで言うところの『ガンガン行こうぜ』系のスタイルの方にはかなり合ってるかと思います。

 

あと、細かい所ですが、mini6からカメラの下にTrue Toneフラッシュが付いています。

MOFTをiPad mini6の中央に貼ってしまうと、True Toneフラッシュが隠れてしまうので、少しズラして貼らないといけません。

その辺は注意が必要ですね。

 

そしてもうひとつ、僕はまだ全然使っていないのでわかりませんが、耐久性が悪いって口コミが多いですね。

何回も折りたたんだりするので、その部分が劣化してきてスタンドにならないみたいです。

yuji
まぁこれは使ってみないとなんとも言われへんけどな

 

総称して

使い勝手の良さにフルスイングするならかなりアリだと思います。

一方で僕みたいに、

  • せめて最初の頃だけは守りに入りたい
  • そんな状態で持つとしたら自分のメンタルが先にやられてしまう

こんな方は向いてないですね。笑

 

軽さランキング

iPad miniに関しては軽さにこだわりがあるので、紹介したケースを軽さ順に並べていきましょう。

上から順番に軽い
  1. 背面クリアケース:59.6g
  2. MOFT:120g
  3. オーソドックスケース:127g
  4. 磁気吸着ケース:165g
  5. マグネット式ケース:194g
yuji
クリアケースの圧勝勝ちやな

 

これは僕の体感というか変態的なこだわりですが、iPad miniを使うならケースだけの重さで150〜160gが限界ですね。

理想はケースだけで120g以下に抑えられたら、最高です。

iPad mini6のセルラーモデルは297gなので、合わせて450gまでに抑えたいとこ。

yuji
ただし、これはあくまで持ち運ぶ時の重さであって、片手でiPad miniをずっと持っておくなら、ケースだけで100gを超えるとちょっとしんどいかな

 

合わせ技も試したけど

背面ケース+純正スマートカバ

iPad mini5の時は僕の好きなスタイルで421gでした。

この状態で持ち運んで、いざ片手でずっと持つときは前面のスマートカバーを外して使うので更に軽くなります。

 

一方で、今回紹介した背面カバーにMOFTをくっつけて使おうと思いましたが、少し重たくなりましたね・・・

背面ケース+MOFT
yuji
この重さが許容できれば、当分はこのスタイルでも良さそうやけどな

 

まとめ:自分に合ったスタイルでケースを選ぶのが無難

保護ケースは一長一短なので、全てに特化したケースは存在しません。

なので、

  • iPad miniをどうやって使う事が多いか
  • どこを優先してどこを妥協するか

上記を考えれば、自分に合った最適なケースが見つかると思います。

 

ぜひ、あなたのiPad miniに合った最適なケースを探してみてくださいね^^

という事で今回はこの辺で!

それではまた^^

スポンサーリンク

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
今って本当に、誰でもすぐにビジネスを始められる時代です。

ブログでも、SNSでも、やろうと思ったその日にできます。

でも「実際に何をやっていいかわからない」という戸惑いもあると思うので、簡単に3ステップにして解説しました。

これを実践するだけで、

ビジネスのイメージもつきますし、実際に『収益を得る』ということを体験できますので、

ぜひ見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SNSでシェア