YouTubeでも発信中!!ブログで書ききれないこと

【結論出た】初めてのiPad購入にiPad miniはアリ!?Pro11インチと無印とminiを使い続けてわかった答えと注意事項

こんにちは、yujiです。

今回は,、永遠のテーマである(僕が勝手に思ってるだけ)、初めてのiPadにiPad miniを買うのはアリなのか?についてやっていきたいと思います。

実は、僕は今まで、初めてiPadを持つならminiはちょっと微妙かなという見解でした。

 

詳しくは別の記事でも書いてるので、ぜひそちらも見てください。

【要検討】iPad miniを買おうか悩んでるあなたへ、iPad miniを買う前に知っておきたい5つの真実

だけど、

  • iPad Pro11インチ
  • iPad無印
  • iPad mini

この3つを毎日使い続けて、

yuji
あれ?これはもしかしたら意外とデビュー戦にもminiはいけるんちゃうかな〜
と、ここ最近ちょっとその考え方が変わりつつあります、、、

 

というか結論から言うと、初めてのiPadでもminiは十分いけます。

ただ、現行のiPad mini5だとまだ物足りなさはあるので、iPad mini6が噂以上のものが出れば、mini5の足りなかったところを補ってくれると思います。

ということで今回は、iPad miniがデビュー戦でもイケると思う理由をお伝えしていきたいと思います。

 

  • 他のiPadに比べて出来ることが少なそう
  • iPad miniが欲しいけど、1台持ちとして使えるか不安 

こんな方の参考になれば幸いです。

それでは早速いきましょう!!

yuji
動画はこっちから見れるで〜

前提:よくある疑問2つ

まず、iPad miniに関することで、僕が視聴者さんや読者さんからよく頂く質問が2つあります。

  1. 他のiPadに比べて出来ることが少なそう
  2. iPad miniを1台持ちとして使えるか不安

他にも色々ありますが、圧倒的にこの2つが多いです。

 

なので、こちらの質問に対して僕が思う事をお伝えしていきますね。

yuji
じゃあ早速行くで〜

 

「他のiPadに比べてできることが少なそう」への答え

まず、他のiPadに比べてできることが少なそうへの答えですが、結論言うと、全くそんなことありません。

他のiPadに比べてと言うのもちょっと抽象的ですが、

  • スペック的に比べるのか?
  • 用途的に比べるのか?

にもよりますが、どちらにしても基本的には、他のiPadと比べてできることが少なくなる事はありません。

 

その中でも、僕が思うiPad miniが真似できない唯一のデバイスは、iPad Pro12.9インチだけですね。

ただ、これに関してはminiだけじゃなくて他のiPadにも真似できないので、iPad Pro12.9インチだけは少し特別だと思ってください。

yuji
ほとんどパソコン代わりに使うものって言う認識でいいで!

 

話を戻します。

まずスペック的な事を言うと、性能を判断するときに最も重要視されるチップですが、現在のiPadラインナップで比べてもminiは全く引けを取りません。

iPadのチップ
  • iPad mini A12Bionic
  • iPad 無印 A12Bionic
  • iPad Air A14Bionic
  • iPad Pro A12ZBionic

こんなラインナップになっています。

 

iPad miniとiPad無印だけ低いように見えますが、他のiPadが高性能な最新のチップを積んでるだけで、A12Bionicも十分すぎる性能です。

iPhoneで言うとXSとかXRとかが同じチップですね。

 

実際に使ってみてどうか?

でも大事なのは実際に使ってみてどうか?ですよね。

僕が普段iPad miniでやってる事は、サクサク動いてケチのつけようがないぐらい何も思いません。

yuji
Googleとかネット見てても問題ないし、電子書籍とかSNSとか、ノートアプリを開く分にも全く問題ないで〜

 

じゃあ重たい作業の代表である、動画編集はどうなのか?ですが、

実は僕、つい最近iPad Proが故障して修理に出していたので、ここ最近の動画編集はiPad miniでやっていました。

ちょっと不安だなぁと思いながらやりましたが、書き出しにいつも以上の時間がかかったぐらいで、編集中は特に問題はありませんでした。

 

こう言うと、

ギモン君
いやいや、でもyujiの動画はそんなに文字を入れてないし編集もそこまでしてないからじゃないの?
と思われそうですが、意外と動画編集ってわかりやすい負荷だけじゃないんですよ。

 

もちろん、

  • エフェクト
  • 文字入れ
  • トランジション
  • 画像を入れる
  • 動画に動画を重ねる

これらの作業を行う事で負荷はより一層かかりますが、ジャンプカットがあるだけでも動画編集は意外とカクついたりするんですよ。

ジャンプカットとは?
動画と動画のいらない部分を切って、必要なところだけをつなげる作業。

 

僕の動画はジャンプカットが入ってますし、ちょいちょい下に文字を入れたりとか上にタイトルを付けてみたりとか、ある程度の編集はしています。

ですが、iPad Proで作業してる時もiPad miniで作業してる時も特に変わらないので、スペックは十分かなと思います。

yuji
勘違いして欲しくないのは、miniのスペックでも動画編集ができるよって言ってるだけで、このスペックがあれば動画編集がスラスラできるって言う訳じゃないから注意してや〜

 

なので、miniのスペックに少し不安があるよって思ってても、体感的には他のiPadとさほど変わらないかなぁと言うのが僕の感想です。

ただ、僕はやらないのであんまり詳しくはわかりませんが、ゲームはちょっと怪しいかもですね。

かなり高負荷のかかるゲームは、iPad miniだとちょっとしんどいんじゃないかと思います。

以上のように、スペック的には他のiPadと比べても特に問題ありません。

 

用途的にみてどうか?

次は用途的にどうなのかみていきましょう。

ちなみに用途的にと言うのは、

  • ネットサーフィンとか
  • 動画視聴とか
  • ノートを取ったりとか
  • メールの返信とか
  • 電子書籍とか

いわゆる普段使いで、他のiPadと比べてiPad miniはできることが少ないのかをみていきます。

 

僕は冒頭にも言った通り、iPadは

  1. iPad無印
  2. iPad mini
  3. iPad Pro11インチ

この3つを使っています。

yuji
特にこの中でもよく使うのがiPad miniとiPad Proやで〜

 

2つのiPadの使い分けは、大きく分けて下記の通りです。

使い分け

iPad mini

  • ネットサーフィン
  • 電子書籍
  • メールチェック
  • などなど

iPad Pro

  • ブログ執筆
  • 動画編集
  • ノートアプリ
  • 動画視聴
  • などなど

他にも色々やってますが、大きく分けるとこんな感じになります。

 

こうやってみるとなんとなく分かるかと思いますが、iPad miniとiPad Proで作業する項目の分かれ目は、画面の大きさと持ち運びやすさこれだけです。

毎日頻繁にやる作業は、持ち運びに便利なiPad mini。

腰を据えてやる作業はiPad Pro。

みたいな感じですね。

 

ですが、もちろん互いに一長一短はあります。

  • ネットサーフィンするだけとか
  • Kindle見るだけとか

これをするだけでiPad Proを持ち運ぶのは、ちょっとデカイし重いんですよ。

 

逆に、

  • ネットフリックスをじっくり見ようとか
  • 動画編集をガッツリやろう

と思ったら、miniだとちょっと画面が小さいなぁと感じてしまいました。

ですが、究極言えば、iPad miniにできる事はiPad Proにもできるし、iPad Proにできる事はiPad miniにもできます。

 

ただ、画面が小さいのはやっぱりネックになりますね、、、

この辺はiPad mini6とかでフルディスプレイになれば良かったんですけど、どうもそうはならない感じの匂いがプンプンするので、今後に期待です。

 

まとめると

スペック的にも普段使いで持つ分にも、iPad miniは他のiPadには全く引けを取りません。

続いて2つ目の疑問、「iPad miniを1台持ちとして使えるか不安」について見ていきましょう。

 

iPad miniを1台持ちとして使えるか不安

これは、言いたいこと、めっちゃわかります。笑

iPad miniって、本体が少し小さいせいかminiっていう名前のせいなのかわからないんですが、他のiPadよりiPadとして見られにくい傾向にあるんですよ。

yuji
僕だけ?

 

実際に僕も、

  1. 初めてiPad無印を持って
  2. その次にiPad Proを持ってから
  3. 最後にminiを購入

こんな流れでiPadを持ったので、まっさらな状態からminiを持ったわけではありません。

 

なので、僕がいくら、

yuji
初めて持つのがiPad miniでもゼンゼンダイジョウブ〜!!よゆーよゆー!!

と言ったところで、何の信憑性もありませんよね?

ギモン君
iPad mini1台で過ごしたことがないから所詮わからないでしょ!!

と、こうなる訳です。

 

ですが、さっきも言った通り、最近iPad Proを約2週間ほど修理に出していたので、その間、iPad ProとiPad無印を一切使わずに、

  • プライペート的なことも
  • 仕事的なことも

完全にiPad mini1台だけで、生活してみました。

そうした結果、これはイケると確信しましたね。

 

ただし、注意事項ありです。(これは後述します)

僕がiPad miniでやってたのはこんな作業です。

  • ネットサーフィン
  • Kindle
  • 楽天マガジン
  • プライムビデオ
  • ネットフリックス
  • Youtube視聴
  • メール
  • 文書作成
  • スプレッドシート
  • goodnote
  • ブログ執筆
  • 動画編集

などなどです。

 

つまり、日頃iPadでやってること全てを、iPad mini1台でやっていました。

そしてこれを体感した結果、初めて持つiPadにiPad miniは十分エントリーできると思いましたね。

yuji
けど、これには注意事項が2つあるで〜

 

初めてのiPadにminiを選択する注意事項2つ

注意事項①:Apple Pencilとキーボードはやっぱり他のiPadに勝てない

1つ目はこれですね。

iPad mini5は、

  • Apple Pencil第2世代に非対応
  • Magic Keyboardに非対応

です。

順番に解説していきます。

 

Apple Pencil第2世代に非対応

iPadを使おうと思ってる方の中には、

  • ペンを使ってノートのように使いたい
  • 日々のメモ帳のように使いたい

こんな風に考えてる方も多いと思います。

そうした時に、通常のスタイラスペンよりApple Pencilの方が描き心地が良いし、使いやすいです。

yuji
実際に試したけど、圧倒的にApple Pencilの方が書きやすいで〜

 

さらに、Apple Pencil第1世代よりも、Apple Pencil第2世代の方がはるかに使いやすいんですよ。

ですが、iPad mini5はApple Pencil第1世代にしか対応していません。

個人的には、Apple Pencilを使うなら第1世代じゃなくて第2世代をおすすめします。

 

ちなみに、第1世代と第2世代のざっくりとした違いは、

  • 充電方法
  • iPadにドッキング
  • ペン先のタップで切り替え

これで差額は3,700円です。

ギモン君
えっ?これだけなら別に第1世代でも良さそうだけど・・・

 

と思った方は、日々のお酒やタバコ、飲み会を少し我慢して、ぜひ3,700円を浮かしてApple Pencil第2世代を買ってください。

と、言いたいところですが、iPad mini5は第2世代非対応なので、ペンを使う事を前提としてる方には、ちょっと満足度が落ちてしまう可能性があります。

これに関しても、iPad mini6で対応して欲しかったんですが、どうもそうはならない匂いがまたまたプンプンします。笑

yuji
無理とは思うけど、iPad mini6に1番望むのはApple Pencil第2世代の対応やなぁ、、、

 

Magic Keyboardに非対応

次はこちらです。

iPad AirとiPad Proは、トラックパッド付きのMagic Keyboardに対応していますが、iPad miniは対応していません。

yuji
ちなみに、トラックパッドは使わんから普通のキーボードでもいいで〜って方は、別の記事でも紹介してるキーボードがおすすめやで!

 

【マスト】iPadminiを買ったら一緒に揃えておきたい周辺機器&アクセサリー8選!!

iPad miniの場合、普通のキーボードじゃなくてトラックパッドを使いたい場合は、現状だとサードパーティー製の物を使うしかありません。

使いやすいかどうかは使っていないのでわかりませんが、正直、

yuji
う〜ん・・・

って感じです。笑

 

僕の場合はiPad ProでMagic Keyboardを使っていますが、個人的にはトラックパッドはかなり快適です。

iPad miniだけで動画編集やブログを書いてる時は、

yuji
今のところトラックパッド!あっ、ここもトラックパッド!!ここもここも!!!

って思ったのは、正直なところです。

しかも、Magic KeyboardはおそらくiPad mini6になっても対応はしないと思うので、もし、トラックパッドを前提に考えているなら、miniは少ししんどいかもですね。

 

注意事項②:ディスプレイサイズにこだわらない

そして注意事項2つ目は、『ディスプレイサイズにこだわらない』です。

僕は2週間、iPad miniで色々な使い方をしてきましたが、その中で、

  • プライムビデオとか
  • ネットフリックスとか

動画サービスを見る機会もたくさんありました。

yuji
ちょうど年末年始のタイミングと被ったわ!笑

 

映画とドラマを何本か見た時点で、

yuji
画面小さっっっ!!

と感じました。

 

Youtubeだとスマホの小さい画面でも全く気にならないんですけど、映画とかドラマになると、画面が小さい事にストレスを感じてしまうんですよね。

ちなみに各ディスプレイサイズ
  • iPad無印 10.2インチ
  • iPad mini 7.9インチ
  • iPad Air 10.9インチ
  •  iPad Pro 11インチ
  • iPad Pro 12.9インチ

こんな感じで、iPad miniだけ極端に小さいんですよ。

ギモン君
完全に名前の通りだね

 

なので、そもそも大きい画面を楽しみたいという前提があるなら、miniは避けた方がいいですね。

ちなみに冒頭にもチラッと言いましたが、iPad mini6はフルディスプレにならない匂いがプンプンします。

yuji
まぁフルディスプレになったとしても、ドラマとか映画を見るには少し小さいなぁと個人的には思うけどな!

ですが、ドラマや映画を見るには小さいかもしれませんが、他の作業はさらに効率も上がってより快適になると思うので、これも今後に期待ですね。

 

iPadで何をしますか?

なんとなく気づいてるかとは思いますが、そもそもさっきの注意事項2つに引っかかる場合は、初めてのiPadにiPad miniを選択してはいけません。

おそらく後悔する確率は、かなり高まります。

注意事項2つ
  1. Apple Pencilとキーボードは他のiPadに勝てない
  2. ディスプレイサイズにこだわらない

Apple Pencilはまだ第1世代に対応してるのでなんとかイケる感はありますが、それでも第2世代よりは使い勝手が劣ります。

 

キーボードも他のiPadに比べると、使い勝手が良いとはなかなか言いづらいです。

なので、

  • ノートを頻繁に書く
  • メモ帳として頻繁に使う
  • 文書の作成も頻繁にする

これを前提に考えてるんだったら、少ししんどいですね。

 

さらに、

  • 動画視聴サービスをよく見る
  • 動画が編集もしたい

とか、『大画面=正義』みたいな作業を前提としてるなら、miniより他のiPadの方が満足が高いと思います。

 

大事なのは、

iPadで何をするか?

これを考えてから選ぶ事が重要ですね。

 

まとめ:初めてのiPadにiPad miniを選ぶのはアリ

散々条件をつけまくっといてなんですが、個人的には初めてのiPadにiPad miniを選ぶのはアリだと思います。

スペック的には特に問題ないので、あとは、

  • アクセサリーで問題ないか?
  • 大きいディスプレじゃなくても問題ないか?

これを考えるだけで良いと思います。

 

結局のところ、どのiPadにも一長一短があるんですよ。

iPad ProにはiPad Proの良いところがあるし、iPad miniにはiPad miniの良いところがあります。

yuji
要は、それぞれのiPadの良いところに、自分の使い方(用途)がバシっとマッチするかどうかの話やで〜!

 

  • 合わないなぁと思ったら他のiPadに、
  • おっ、これは合いそうだと思ったらそのiPadに

こんな感じで選べばオッケーですね。

買う前にめちゃめちゃ考えたら、後は買ってみて実際に使って見ないと答えは出ません。

 

もし、実際に使ってみて、

yuji
全然思ってたんと違うかったわ・・・

と思っても、アップル製品はリセールがかなり良いので、買った時と同じような値段かそれに近い値段ですぐに売れます。

 

なので、そこまで失敗を心配する必要はないので、「コイツだっ!!」と決めたら実際に使ってみてください。

そして、最高のiPadライフを楽しみましょう!!

という事で今回はこの辺で!

それではまた^^

スポンサーリンク

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
今って本当に、誰でもすぐにビジネスを始められる時代です。

ブログでも、SNSでも、やろうと思ったその日にできます。

でも「実際に何をやっていいかわからない」という戸惑いもあると思うので、簡単に3ステップにして解説しました。

これを実践するだけで、

ビジネスのイメージもつきますし、実際に『収益を得る』ということを体験できますので、

ぜひ見てくださいね。

SNSでシェア