YouTubeでも発信中!!ブログで書ききれないこと

【選び方と考え方】iPad mini6におすすめのモバイルバッテリー3選『君に決めた』

こんにちは、yujiです。

僕は、iPadmini6が我が家に届いてから、触らない日はないよってぐらい触っています。

  • 家の中でも触りまくって
  • 外でも触りまくって
  • 暇さえあればいじくり倒して
yuji
触りすぎて本体が変形せえへんか心配やわ。笑

 

ただ、それと同時にでてくるのがバッテリー問題・・・

ネットサーフィンだけならまだしも、

  • Youtubeを見たり
  • 本を読んだり
  • テザリングをしたり

していると、バッテリーがみるみる減っていきます。そんな時に活躍するのがモバイルバッテリーですね。

けど、モバイルバッテリーも種類が多い・・・

 

と言う事で今回は、

こんな内容
  • モバイルバッテリーの選び方
  • 僕が買ったモバイルバッテリーを紹介して
  • 最後まで悩んだおすすめのモバイルバッテリーを2つ紹介

この内容でやっていきたいと思います。

  • 数が多すぎてどれを選んで良いかわからない
  • iPad miniに最低なモバイルバッテリーはどれなの?

こんな方の参考になれば幸いです。

それでは早速いきましょう!!

yuji
動画はこっちから見れるで〜

大前提

本題に入る前にまず大前提として、今回のモバイルバッテリーの選び方や考え方、おすすめのモバイルバッテリーは、iPad miniを前提としています。

なので、  iPad無印とかiPad Proとか他のiPadの場合は選ぶものが変わってくるので、ここは先にご理解ください。

yuji
基本的な考え方は一緒やけど、選ぶものが全く変わってくるって感じかな

 

モバイルバッテリーの選び方

選ぶ基準
  1. 充電出力(W数)
  2. 容量(mAh)

モバイルバッテリーを選ぶ時に絶対に避けて通れないのが、この2つです。

順番に見ていきますね。

 

1、充電出力(W数)

まず、充電出力とは、『どれぐらいの力でiPadを充電できるか?』と言うこと。これが『W数』で表されます。

モバイルバッテリーの商品ページを見てみると、『最大15W』とか『最大30W』とか表記があります。

ギモン君
確かに書いてあるね。けどたまに、Wじゃなくて『5V=2A』とか書いてあるけど、あれはどう言う意味なの?
yuji
あれは、『V(ボルト)とA(アンペア)のことやで

 

  • V(ボルト)は電気を押し出す力
  • A(アンペア)は電気の流れる量
  • W(ワット)は電気が仕事をする力

こんな認識でOKです。

なので、W数が書いていない時は『V×A=W数』がでてきます。

 

そして次に、スマホやタブレットにはデバイス側の『推奨充電出力』と言うのがあります。

ギモン君
充電器側の推奨充電出力???
yuji
簡単に言ったら、各デバイスによって必要なパワーが変わるって事やな
例えばiPadの場合
  • iPad無印:20W〜30W
  • iPad mini20W〜30W
  • iPad Air:30W
  • iPad Pro11:30W
  • iPad Pro12.9:45W

なので、iPad mini6をストレスなく充電しようと思ったら、20W〜30Wの物を選ぶのが無難です。

 

ちなみにPDとは?

よく聞くPD(パワーデリバリー)ですが、あれは急速充電規格の事で、最大で100Wまで対応できます。

それに加えてデータ転送速度も早くなってるので、選ぶならPD対応のものを選ぶのが良いと思います。

yuji
またまたちなみに、充電器がPD対応でもケーブルがPD対応じゃなかったら意味ないから、選ぶ時は気をつけなあかんで

 

容量(mAh)

容量はmAh(ミリアンペアアワ)と言う単位で表します。モバイルバッテリーにどれぐらいの容量があるのかって事ですね。

こちらもさっきのW数と同じで、iPadにもバッテリー容量があります。

iPadのバッテリー容量
  • iPad無印:約9,000mAh
  • mini:約5,000mAh
  • iPad Air:約8,000mAh
  • iPad Pro11インチ:8,000mAh
  • iPad Pro12.9インチ:約10,000mAh
yuji
ざっくり、

  • iPad miniは他より少なくて
  • iPad Pro11インチは他より多くて
  • その他のiPadは中間ぐらい

こんな認識でOKやで

 

注意点

ギモン君
じゃあiPad mini6はバッテリー容量が5,000mAhぐらいだから、モバイルバッテリーも同じぐらいの物を選べば良いんだね!
yuji
実はそうじゃないねんなぁ

モバイルバッテリーは、表記されている容量でそのままフル充電される訳ではありません。と言うのも、モバイルバッテリーから充電する時は表記されている容量以上に電力を消費します。

なので、目安としてはデバイスの容量の1.5倍ぐらいと思っておいてOKです。

 

iPad mini6に使う場合は
  • 約5,100mAh×1.5倍=7.650mAh

これぐらいあればOKです。

ただ、そんな中途半端な容量のモバイルバッテリーをあんまり見かけないし、ついでにiPhoneとかも充電できると便利なので、容量は10.000mAhを選ぶのが良いと思います。

yuji
僕が使ってるiPhone12miniの容量は約2.200mAhやから、iPad mini6と合わせて10.000mAhでほぼフル充電できるで

 

ちなみにですが、充電出力と容量の数字が大きければ大きいほど、モバイルバッテリーの大きさと重さと価格は比例します。笑

なので、僕がiPad mini6用におすすめするモバイルバッテリーの基準は、

選ぶ基準
  • 充電出力:20W以上
  • 容量:10.000mAh
  • 重さ:250g以下

になります。

ここまでを踏まえた上で、僕が買ったモバイルバッテリーと他のおすすめモバイルバッテリーを紹介していきたいと思います。

 

僕が買ったモバイルバッテリー

概要
  • 充電出力:22.5W
  • 容量:10.000mAh
  • サイズ:14cm×6.9cm×1.7cm
  • 重さ:220g
  • 価格:2,980円

その他の特徴としては下記の通りです。

特徴
  • 3台同時充電ができる
  • バッテリー残量がデジタル表示
  • パススルー充電

順番に見ていきますね。

 

3台同時充電ができる

このモバイルバッテリーは、入力ポートが、

  • Micro USB×1
  • USB-C

上記の2つに対応していて、出力ポートが、

  • USB-A×2
  • USB-C×1

で、合計3つあります。

なので、最大3台のデバイスを同時充電できます。

yuji
そもそも3台が同時にバッテリーなくなるのもおかしな話やけど、超緊急事態には助かるかもしれへんな

 

バッテリー残量がデジタル表示

これは個人的に気に入っています。

通常のモバイルバッテリーだと、そもそもモバイルバッテリーの残ってる量が分からないので、充電中も、ちょっと不安になってしまいます・・・

ですが、このモバイルバッテリーのように残量表示してくれていると、ひと目でわかるので安心して使えます。

 

パススルー充電

ギモン君
パススルー充電って何?

パススルー充電は、AC電源(コンセント)からモバイルバッテリーに充電される電力を、その先のデバイスに優先して給電する事です。

実際は、モバイルバッテリーとその他のデバイスを同時充電する役割を果たすので、コンセントがひとつしかない時でも2台同時充電が可能になります。

yuji
これはあんまり使ってへんけどな。笑

 

詳しいことは別記事で書いてるので、ぜひそちらも合わせて見てください。

 

このモバイルバッテリーを使ってみて

率直な意見としては普通ですね。笑

可もなく不可もないって感じ・・・

ただ、iPad mini6用のモバイルバッテリーを選ぶ基準のところは全てクリアしているので、とりあえずはこのモバイルバッテリーを使っていこうと思います。

yuji
強いていうなら、後もう少しサイズが小さくなって重さが180gとかやったら、かなり良かったかな

 

後、USB-A to USB-Cのケーブルが付属していましたが、それを使ってiPad mini6を充電しようと思ったら何故かできなかったので、PD対応のAnkerケーブルを別途購入しました。

なので、もしこのモバイルバッテリーを買うならケーブルは別途用意した方が良さそうですね。

他のおすすめモバイルバッテリー

IDMIXモバイルバッテリー

概要と特徴
  • 充電出力:20W
  • 容量:10.000mAh
  • サイズ:14.2cm×7cm×1.2cm
  • 重さ:197g
  • カラー:2色(グレーとグリーン)
  • バッテリー残量表示
  • 価格:2,980円

僕が買ったモバイルバッテリーより、少しコンパクトで軽い物になります。

カラーも2色あって、入出力ポートも豊富です。入力ポートにはLightningポートもありますね。

yuji
選択肢としてはかなりアリやと思うで

 

CIOモバイルバッテリー

概要と特徴
  • 充電出力:20W
  • 容量:10.000mAh
  • サイズ:10.5cm×5.2cm×2.5cm
  • 重さ:178g
  • 価格:2,728円

サイズは小ぶりですが厚みがかなりありますね。

ですが、充電出力も容量もともに問題なし。重さも178gと軽いので、持ち運びにも適しています。

さっきの2つみたいにデジタル式のバッテリ残量表示はありませんが、4つのランプで知らせてくれるので、ぱっと見でも残量確認はできます。

yuji
ここのブランドのモバイルバッテリーは、容量が多いタイプも割と小型で厚みがある物が多いので、あんまり縦横がかさばりたくないって方にはおすすめやで

 

Anker PowerCoreモバイルバッテリー

概要と特徴
  • 充電出力:25W
  • 容量:10.000mAh
  • サイズ:10.7cm×5.2cm×2.7cm
  • 重さ:194g
  • 価格:3,390円

最後は、言わずと知れたAnkerのPowerCoreシリーズになります。

今まで紹介した中で、充電出力が1番大きい25Wになるので、より早く充電ができます。

yuji
天下のAnkerやから、『とりあえず安心して使いたい』とか『失敗したくない』って方にはおすすめのモバイルバッテリーやな

 

まとめ:iPad miniと持ち歩くなら軽さは必須

今回紹介したモバイルバッテリーは、あくまでiPad mini6用で、

  • 容量もそこまで大きくない
  • 出力も最低ライン
  • それでいて持ち運びも苦じゃないサイズ感と重さ

この内容で選んでいます。

なので、

ギモン君
  • iPad Pro用のモバイルバッテリーを探してるんだけど
  • iPad miniを1日に2回フル充電したいんだよ
  • そもそもMacを充電したいかも・・・

こんな方は全然違うモバイルバッテリーを選ばないといけないので、その辺はご注意を。笑

 

ぜひ、iPad mini6を外でガンガン使っても大丈夫なように、モバイルバッテリーも揃えておいてくださいね。

ということで今回はこの辺で!

それではまた^^

スポンサーリンク

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
今って本当に、誰でもすぐにビジネスを始められる時代です。

ブログでも、SNSでも、やろうと思ったその日にできます。

でも「実際に何をやっていいかわからない」という戸惑いもあると思うので、簡単に3ステップにして解説しました。

これを実践するだけで、

ビジネスのイメージもつきますし、実際に『収益を得る』ということを体験できますので、

ぜひ見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SNSでシェア