YouTubeでも発信中!!ブログで書ききれないこと

【不動の人気】Macにおすすめのスピーカーはこれ!僕がBOSEやBeatsを買わずにAnkerのスピーカーを買った理由

こんにちは、yujiです。

この記事にたどり着いたということは、おそらくスピーカーを探していますよね?

という事は、こんな経験してませんか?

  • Mac本体から流れる音だと少し物足りない
  • かと言ってモニターから流れる音はもはや音じゃない
  • でも、いざスピーカーを買おうと思っても価格が高い・・・

 

で、結局どれも買わずにイヤフォンに逃げたりしてませんか?笑

安心してください。

そんなスピーカー難民さんにベストアンサーを見つけました。それが、今回紹介するAnkerのSoundCore3です。

 

Amazonのランキングでも常に上位で、不動の人気スピーカーですね。

という事で今回は、

こんな内容
  1. 僕がBOSEやBeatsのスピーカーを買わなかった理由
  2. Ankerのスピーカーがおすすめな理由について解説

こんな内容でやっていきたいと思います。

 

ギモン君
他のスピーカーを買わなかった理由はどうでも良いから、早くAnkerのスピーカーを解説してくれよ!

そう思った方は、このページを全力で下にスクロールするか、目次からジャンプしてくださいね。

 

  • お手頃なスピーカーを探してる
  • どのスピーカーを選んでいいかわからない

こんな方の参考になれば幸いです。

それでは早速いきましょう!!

yuji
動画はこっちから見れるで〜

 

スピーカー難民はまさに僕。笑

冒頭でスピーカ難民と言いましたが、何を隠そう1番のスピーカー難民だったのはこの僕です。

僕のデスク環境は下記の通り。

デスク環境
  • 使ってるパソコンはMac mini
  • ディスプレイはLGモニター
  • そしてスピーカーはどれにしようか迷っていた・・・

 

モニターにもスピーカーはついてますが、モニターから流れる音は、もはや音レベルじゃありません。

かと言って、Mac miniから流れる音も聞けたもんじゃない。

yuji
最初聞いた時は、聞き間違いかなと思ったわ。笑

 

候補に上がったのは3つ

重い腰を上げて、そろそろスピーカーを買おうと思って候補に上がったのは下記の3つ。

スピーカー候補
  1. HomePod mini:11,800円
  2. Beats Pill+:17,980円
  3. BOSE SoundLink:21,000円

 

この3つが候補に上がったは良いけど、悩みに悩んだ末、最終的にどれも買ってません。笑

yuji
なんで買わんかったかは次の通りやで

 

他のスピーカを買わなかった理由

HomePod mini

HomePod miniはAppleのスマートスピーカーで、

  • GoogleのGoogle Home
  • AmazonのEchoシリーズ

とかが友達です。

 

スマートスピーカーは、

  • 「ヘイSiri、明日の天気は?」
  • 「オッケーGoogle、気分が上がる音楽かけて」
  • 「アレクサ、パスタ茹でるからタイマー8分かけて」

みたいな感じで使います。

 

HomePod miniは、スピーカーにもなるし声で操作もできるし、見た目もコンパクトで可愛いから真っ先に候補にあがりました。

ですが、色々調べていくと、

  • スピーカー目的で買うのはちょっと微妙
  • ヘイSiriはそこまで多用しない

 

こんな声が多かったので、買うまでに至りませんでした・・・

yuji
ちなみに僕の場合はすでにAmazonのスマートスピーカーが家にあったから、余計Siriは使わんなぁと思ったな

 

Beats Pill+

Beats Pill+はBeatsのスピーカーです。

 

ギモン君
どうしてBeatsのスピーカーが候補に上がったの?
yuji
それを説明する為にはまず、Beatsの歴史について少し触れとくで!

 

Beatsは、ヒップホップ界で有名な音楽プロデューサーのDr.Dreと起業家のJimmy Iovine(ジミー・アイオヴィーン)の2人で、2006年に作られました。

「音に込められたすべてを伝えるために」をコンセプトに誕生した、アメリカのオーディオブランドです。

yuji
これ全部、nojimaの引用な。笑

 

で、ここからは知っての通り、2014年に約3,000億円でAppleに買収されました。

これで知名度は一気に上がりましたよね。

なので、

  • Apple製品とは相性が良いし、
  • 技術もAppleが欲しくなるぐらいのものがある
  • おまけに見た目もオシャレ

上記のことからBeats Pill+も候補に上がりました。

 

ですが、これも結局買わずじまい。

理由は下記の通りです。

買わなかった理由
  • 2016年発売だから、発売されてからかなり経ってる
  • 価格が少し高い

 

『新しい・最新・最先端』この単語が大好きな僕からしたら、発売されてから5年経ってるのはなかなかの足かせになります。

yuji
単語が大好きなんはジョーダンやで。笑

 

ですが、新しくなるごとに進化していくのは事実です。

なので、5年前ぐらいに発売されてこの値段となると、「う〜ん・・・」て感じで、これも後1歩が出ませんでした。

 

BOSE SoundLink

こちらは、オーディオ界のルイヴィトン、BOSEのスピーカーです。

めちゃくちゃ有名なので、1度は聞いたことがあると思います。

yuji
昔、友達の家に行った時にBOSEのスピーカーが置いてたら、「この家はお金持ってるな〜」とか思って、勝手にBOSEを金持ち指標のひとつにしてたわ。笑

 

そんなBOSEを買わなかった理由は下記の通りです。

買わなかった理由
  • 充電まわりの評判が悪かった
  • 思ったより音がよくない

この2点です。

 

これは完全に僕が悪いのですが、

yuji
BOSEのスピーカーはいわゆる完璧なスピーカー

と思っていました。

なので、欠点が少し出てくるとその評価がやたらとマイナスに働いてしまったんですね。

 

例えば、

yuji
安いホテルに泊まって、ホテル内が汚くてもあんまりなんも思わんけど、三つ星ホテルとかめちゃめちゃ綺麗なホテルで汚かったらちょっとガッカリせえへん?

そんな感じです。

それでいて、価格も2万円を超えて高い物になるので、ちょっとビビってしまって手が出ませんでした。

以上が、候補に上がったスピーカーを買わなかった理由です。

 

Ankerのスピーカーがおすすめな理由

そしてここからは、数々の猛者をぶっ飛ばして購入するに至った、AnkerのSoundCore3をおすすめする理由になります。

 

理由は下記の3つです。

おすすめする理由
  1. 使い方と見た目がシンプル
  2. 性能が充実
  3. 音質が良い

順番に見ていきますが、まずは開封の状態から見ていきましょう。

 

開封

届いた状態がこちら。

特になんの変哲もない普通のスピーカーです。笑

入ってた物がこちらですね。

同梱品
  • スピーカー本体
  • 取扱説明書
  • USB-Cケーブル
  • リストストラップ

 

yuji
USB-Cケーブルが付いてるのはなかなかGOOD!!

ここから、本題に入ります。

 

①使い方と見た目がシンプル

SoundCore3は使い方が超シンプルです。

  1. 電源ボタンを押して電源を入れる
  2. Bluetoothボタンを押してパソコンやスマホと接続する

これでOKです。

 

左の電源ボタンを押して、右側のBluetoothボタンを押す

そうすると、近くのスマホやパソコンのデバイスに、『SoundCore3』と表示されるので、そこをタップして繋げれば完了です。

yuji
はい、簡単。笑

 

見た目もシンプル

まず、前面にはSoundCoreのロゴが小さく入ってます。

SoundCore2の時は、大きく『Anker』と書いてましたが、これは好みの問題ですね。

 

yuji
大きくルイヴィトンって書いてるのが良いか、さりげなくルイヴィトンって書いてるのが良いかの違いやな

ちなみに僕はSoundCore3のデザインの方が好きですね。

 

右側面

右側面には、USB-Cケーブルの挿入口だけです。

 

左側面

左側面には、アウトドアとか屋外用で使うときに、落下防止用のリストストラップをつけるところがあります。

yuji
これで外でも安心して使えるで

 

背面

背面は『SoundCore』と表記されてるだけです。

 

上部

操作は全て本体上部でやります。

左から順番に
  • 電源ボタン
  • 音量のマイナス
  • 音楽の操作
  • 音量のプラス
  • Bluetoothボタン

 

真ん中のボタンは、押す回数で操作が振り分けられています。

  • 1回押す:再生、一時停止
  • 2回押す:次の曲
  • 3回押す:前の曲

上記のようになっています。

 

見た目がシンプルでコンパクトなのでインテリア的にも邪魔になりませんし、使い勝手も複雑じゃないので、特に何かを覚える必要もありません。

 

②性能が充実

性能をざっくり羅列します。

SoundCore3の性能
  • 本体サイズ:幅174×高さ57×奥行き59
  • 重量:500g
  • 防水規格:IPX7
  • オーディオ出力:16W
  • 再生可能時間:最大24時間

順番に解説しますね。

 

本体サイズと重量

iPhone12miniよりも大きいけど、iPad miniより小さいぐらいです。

サイズ的には小さくてカバンに入れても気にならないと思います。

 

重さは500gで、500mlのペットボトルと同じなので、普段から水を持つ歩く僕としては、カバンに入れて持ち出すのも特に苦ではないですね。

yuji
Mac miniの据え置き用として買ったけど、いざとなったら持ち出せるのが良い

 

防水規格:IPX7

ギモン君
ただでさえよくわからない単語なのに、横文字と数字の合わせ技はヤメテ・・・
yuji
確かにパッと見イヤになるけど、今後スマホとかオーディオ機器とか買う時に覚えておくと便利やから、なんとなく頭に入れといてや

 

まずIPコードは『防塵・防水性能』を示すコードです。このIPコードに数字が2つ付いてる場合は、防塵防水性能が両方あるという事です。

で、その『IP』に『X』がついたら防塵・防水を個別に表してることになります。

さらに、その『X』が数字の前につくのか後につくのかで、防塵なのか防水なのかが変わってきます。

ギモン君
もう寝ていい?
yuji
もうちょっと待て!!笑

 

例えば
  • 防塵・防水等級の両方を表す場合:IP57
    一つ目の数字が防塵等級で二つ目の数字が防水等級
  • 防塵等級だけを表す場合:IP5X
    Xの前に数字がある
  • 防水等級だけを表す場合:IPX7
    Xの後に数字がある

 

この数字が大きければ大きいほど、防塵・防水性能が高いことを示しています。

ちなみに防水等級は0〜8の9段階あります。

ざっくり、これだけ覚えておけばオッケーです。

 

そして今回のSoundCore3は、防水規格がIPX7です。

ギモン君
IPX7は上の方だから結構凄いの?

 

IPX7の定義
  • 保護の程度
    規定の圧力、時間で水没しても水が侵入しない
  • テスト方法
    水面下・15㎝〜1mを30分
yuji
早い話が、水深1mぐらいやったら30分ぐらいほっといても耐えれるし、シャワーで水をぶっかけまくってもちょっとの間は大丈夫ってことやな

 

なので、アウトドアで使ってる最中に、

  • 雨がめちゃめちゃ降ってきた
  • 手が滑って水中に落としてしまった
  • もしくはお風呂でうっかりスピーカーを落としてしまった

とかでも問題ありません。

ちなみにiPhone12シリーズはIP68等級なので、完全な防塵構造の上に水面下での使用が可能になってます。

 

オーディオ出力:16W

SoundCore3は、8Wが2個で16Wのオーディオ出力になります。

この辺の話は言い出すとかなり深いとこまで行って、僕も訳わからないようになるので超簡単にいうと、アンプ出力のワット数が大きいほど大きな音を出すことができます。

 

例えば
  • 5Wなら:手のひらサイズのスピーカーでちょっとした音楽を聴く
  • 10Wなら:家庭での据え置きスピーカーとしても使える
  • 20Wなら:屋外とかの広いところでも使える

なんとなくこんな認識でオッケーです。

 

yuji
SoundCore3は16Wやから、

  • 自宅の据え置き用でも
  • 屋外に持って行っても

両方十分に使えるで〜

 

再生可能時間:最大24時間

最後はこれ。

充電フルマックスの状態から、最大24時間再生が可能です。

僕は据え置き用で常に充電しながら使ってますが、ケーブルが煩わしいって場合は、抜いて使っても充電は24時間持ちます。

 

なので、外に持っていって使っても当分の間はバッテリーの心配は必要ありませんし、最悪の場合はモバイルバッテリーで充電も可能です。

yuji
24時間音楽かけまくって過ごす事は普通の環境の人はそうそうないやろうから、十分すぎるほど十分やけどな

 

他にもこんな性能がある

  • チタニウムドライバー採用で曲の細部まで忠実に再現できたりとか
  • デュアルパッシブラジエーターでより深みある低音を楽しめたりとか
  • アプリでイコライザーをカスタマイズできたりとか

ちょっと音にこだわりたい方は、さらにカスタマイズする事で自分好みのスピーカーになると思います。

 

③音質がいい

そしておすすの理由3つ目は、音質です。

 

ギモン君
さっきから見た目がどうとか性能がどうとか散々褒めてたけど、結局音質が悪かったら全然意味ないよ!

そう思いますよね?

 

安心してください。

音質もその辺のスピーカーに引けを取りません。

ちょっと比べる対象がしょぼくて申し訳ないですが、

  • モニター
  • Mac mini
  • SoundCore3

この3つで聴き比べてみたいと思います。

 

補足

  • 0:02〜0:22 LGモニター
  • 0:23〜0:34 Mac mini
  • 0:35〜 SoundCore3

音源は、Youtubeのフリー素材を使用しています。

 

どうでしたか?

SoundCore3単体で聴いてみてもそこまで悪く感じませんよね?

もちろん、

ギモン君
音楽関係の仕事をしてて、毎日音楽で癒されて、音楽が趣味だからこんなスピーカー使えないよ!!

音にこだわってる方ならそう言うかもしれません。

 

ですが、僕みたいに、

yuji
  • 音もそれなりで
  • 見た目も普通で
  • 1万円以下のスピーカーないかな〜

こんな方には全力でお勧めできますね。

 

まとめ:とりあえずのスピーカーにはもってこい

以上が、僕が他のスピーカーを買わずにAnkerのスピーカーをお勧めする理由でした。

 

長々と書いてきましたが、簡単にまとめると

  • 候補に上がった3つのスピーカーは価格がネックで断念
  • AnkerのSoundCore3は『見た目・性能・音質』全てにおいてバランスが良い
  • 音にそんなにこだわらない方にはベストアンサー

 

このスピーカーの最大のポイントはコスパの高さです。

多すぎるぐらいの性能を引っさげて、それでいて価格が6,000円弱なので、僕みたいにスピーカー選びに彷徨ってる方には本当に最適な選択になってきます。

yuji
まさに失敗しないスピーカーやな!

 

ぜひ、スピーカー選びに迷ってる方は検討してみてください。

と言うこと今回はこの辺で!

それではまた^^

スポンサーリンク

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
今って本当に、誰でもすぐにビジネスを始められる時代です。

ブログでも、SNSでも、やろうと思ったその日にできます。

でも「実際に何をやっていいかわからない」という戸惑いもあると思うので、簡単に3ステップにして解説しました。

これを実践するだけで、

ビジネスのイメージもつきますし、実際に『収益を得る』ということを体験できますので、

ぜひ見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SNSでシェア